橋梁・補修・補強・乾式止水材・伸縮装置・非排水・すべり止め・摩擦素子コート工法・斜張橋ケーブル・メンテナンス

 

 
 
 
 

放射線環境弾性シール材 『ハヤシールTHS』

概要
 

橋梁分野において、30年間実績を重ねたウレタン反応型シール材を基に、高放射線環境下で使用できる放射線環境弾性シール材 『ハヤシールTHS 』を開発しました。

特長

 耐放射線性に優れています。
  耐放射性に優れており3MGy吸収後においても破断伸び率200%を示し
  弾性体としての機能を保持しています。
 気密性や水密性を有しています。
  2液室温硬化型で流動性があるため、ケーブル間の隙間等にも充填できる
  現場施工に向いた材料です。細かい部分でき、硬化したシール材は貫通部の
  気密、水密性が得られケーブル占積率が高い箇所でも問題ありません。

 

物性値はこちら

照射試験例

 気密・耐圧 試験状況
   2.6MGy照射後においても最大0.1Mpaの差圧に対して 
   気密特性を保持していることが証明されています。 

 

THS硬化物は照射とともに体積が増加し、さらなる気密性が確保されることが証明されました。 

0.04MPaの気圧を
7日間保持
(シール150mm)

 

 

  放射能の単位と照射試験 

● 放射線の単位    
同じ量の放射線であっても物質によっては吸収されるエネルギーの量が異なるので、耐放射線性特有の評価する場合には吸収線量を使用します。
吸収線量
物質1Kg当り1Jエネルギーがあった時を
1Gy(グレイ)であらわし従来の単位 rad
(ラド)との関係は
1Gy=1J・kg=107erg・kg=100rad
となります

  ●照射試験状況

● 放射線照射方法・条件

独立行政法人日本原子力研究開発機構
高崎量子応用研究所にあるコバルト1号棟
第2セルの照射施設にてCO-60γ線を空間線量率1~10kGy/hの条件で試験を行っています。

 

       適度な弾性が保持されていることが実証されています

 

施工要領 

       

 下地処理
 ウエスを用いてウェブ面を溶剤等で
 清掃

 バックアップ材の挿入
 規定の充填深さを確保するように
 バックアップ材を挿入する。
 ケーブル回りの隙間処理
 バックアップ材を挿入した後、シール材
 の後ろ漏れが発生しないように、 軟質
  バックアップ材やコーキング材を用い
 て隙間を確実に埋める。

 プライマー塗布
  内側にプライマーを塗布する。

       
  シール材混合・攪拌
 主剤と硬化剤を所定の割合で
 (主剤:  硬化剤=100:12.4)混合
 撹拌する。
 シール材充填  
 一箇所につき、緩衝材の漏れや流
 動性を確認しながら充填するため
 数回に 分けて作業を行う。
  仕上げ・清掃  
   ○ シール材が規定どうり充填されているか
    また、硬化が進行しているかの確認を行う。
  ○シール材が付着した箇所の汚れを落として、清掃を行う。
  ○シール材の養生期間として、7日間とする。

 

 

 

          お問い合わせ・詳しい資料の請求はこちら   

 

 
 
初心者ホームページ作成