橋梁・補修・補強・乾式止水材・伸縮装置・非排水・すべり止め・摩擦素子コート工法・斜張橋ケーブル・メンテナンス

 

 
 
 
 

ケーブル制振材 『リングダンパー』

概要

斜張橋ケーブルやエクストラドーズド橋ケーブルなどの振動対策(レインバイブレーションや渦励振対策)として、積層のリング型高減衰ゴムを使用したケーブル制振材 『リングダンパー』を提案致します。

 

 特長

 高減衰ゴムを使用しているので、斜張橋ケーブルの渦励振やレインバイブレーションによるケーブル振動に対して付加制振機能を有します。
  高減衰ゴムの製作はシート状の高減衰ゴムをリング型に打ち抜くため、大型の金型が不要となり経済性が格段に向上し、コスト削減につながります。
  高減衰ゴムは積層シートの枚数の調整により、バネ定数のコントロールが可能であり、ケーブルの2次応力の緩和にも効果があります。
 従来のせん断型高減衰ゴムに比べ圧縮方向での減衰機能を有しているので、万一の過度のケーブル振動でもケーブルを包み込むようにケーブルを保護します。
 ケーブル定着管に収めることが出来るので、美観・景観的にも優れており、ゴムカバーの併用により優れた美観上の効果を発揮します。
   
分割型による利点として

 工場製作が可能
 大量生産が可能となりコストが押さえられる。
 現地のケーブルに合わせ、事前の調整が可能 (設計の自由度が高い)
 将来のメンテナンスが非常に容易になる。


用途 

●ハンガーロープ部付加制振材として
  (渦励振による振動を主に付加制振する)
●外ケーブル材の付加制振材として
●ケーブルや各支柱等の微振動の制振材として

施工フロー

現地施工 プレキャストタイプ
設置状況 施工完了 工場製作 設置完了

  

主な施工実績

平成11年  3月  多々羅大橋 本州四国連絡橋公団
その他 アベイ橋(エチオピア)にてリングダンパー(プレキャストタイプ)の使用実績があります。

    

 

 

 お問い合わせ・詳しい資料の請求はこちら   

 

 

 

 
 
初心者ホームページ作成