橋梁・補修・補強・乾式止水材・伸縮装置・非排水・すべり止め・摩擦素子コート工法・斜張橋ケーブル・メンテナンス

 

 
 
 
 

カメラ柱・照明柱用制振材 『3Dダンパー』

概要
 

 高速道路上に設置されているポール構造(テレビカメラ用ポール・照明柱・標識柱等)は
強風や交通振動などにより絶えず振動を起こしています。その振動により、ポールの基部が
損傷したり、頭頂部の構造物(カメラ・照明等)の機能自体に悪影響を与えています。
 従来の制振装置の多くは、構造が複雑でメンテナンスに手間がかかったり、多方向の振動
に対応できないという問題点がありました。そこで、構造が比較的簡単で振動方向に影響を
受けない制振装置を産学協同(中央大学・十川ゴム・協和コンサルタント)で共同開発を行い
カメラ柱・照明柱用制振材『3Dダンパー(転動型同調質量ダンパー)』として商品化いたしました。

 特長

 シンプルな構造
  機械的な機構を持たず、メンテ等も非常に容易。
 コンパクト設計
  転動子の回転を利用することで比較的小さくコンパクトに設計できる。
 多方向の振動に対応
  球面座であるため橋軸方向あるいは橋軸直角方向の構造物の揺れにも対応可能。
 トータルコストダウン
  シンプル構造およびメンテが容易なことからトータルコストの低減が可能。
 メンテナンスフリー
  金属腐食などの劣化要因もなくロングスパンのメンテナンスフリーが可能

 

構造とメカニズム

■ 転動する転動子(回転子)と、それを受ける球面座(外郭)から構成され、球面座と転動子を各種構造物に合わせたチューニングと
  形状に合わせた収納設計を行い、さまざまな構造柱にも付加制振材として適用できます。

 

 

 

 性能      ( 都市部高架橋上カメラ柱の制振対策と耐久性確認現地試験でのデータ )

 視認性の向上    監視用カメラ柱の頂部に3Dダンパーを設置。設置前後の頂部の変位を比較 

                                  3Dダンパー設置前
                              3Dダンパー設置後
  水平方向(橋軸・橋軸直角方向)の変位
Max ±7mm→±3mm 約半減       視認性の向上が確認 


 寿命の延命化    

 

柱基部での発生応力が

 4Mpa以上の応力頻度が低減


 2Mpa以上の応力発生が消滅

 

 

すなわち、3Dダンパーの設置によって
カメラ柱基部に発生する応力レベルを低減し 疲労耐久性の向上が期待できる

 
 耐久性の向上

 
 

 

3Dダンパーを設置後、カメラ柱頂部の応答倍率は
大きく低減された。
また、設置後
1年を経過しても 制振効果はほとんど
変化無く 柱の振動を抑制している。

 
 
 詳しい資料(CCTV柱用ダンパー)はこちら 

適応例 

ITV用テレビ柱用の例 テレビ柱の実績例<首都高速道路株式会社>
門型柱の例

照明柱の例


 
応用展開
 

  標識柱、信号柱、照明柱、ETC、鉄骨住宅制振、住宅設備制振等
  様々な分野の低周波振動問題への取り組み

実績例  

首都高速道路株式会社 カメラ柱用<1カメラ・2カメラ用>
千葉県警察本部 門型柱用
茨木県警察本部 F型柱用

 

           お問い合わせ・詳しい資料の請求はこちら   

 

 
 
初心者ホームページ作成